取り立て

消費者金融であっても取り立てることはある

消費者金融でお金を初めて借りた時に心配だったので、受付の女性の方に色々と聞いてみたんです。私は返済日までにお金を返済できなかったということはありませんでしたので、実体験ではありませんでしたが、消費者金融でお金を借りた時に、約束の返済日までにお金を返済できなかった場合は、消費者金融からは督促があるようです。
また、この督促が入ってからも返済が滞るようであれば、大手の消費者金融であっても取り立てることはあるようです。

 

ただ、テレビドラマでたまに見かけるような怖い紫色のスーツを着たサングラスをかけたいかにも、みたいなああいう「オイコラ!」みたいな取り立てではない、とのことです。
ああいった追い込みをかけるような取り立ては、今では違法になるので、そういった取り立てに関しては行わないとのことです。

 

以前は無茶な取り立てってあったようですけれども、以前は今ほど規制が厳しくなかったので、今ではほとんど会社名を聞かなくなりましたが、当時の某大手消費者金融では荒々しい取り立てがあったようで、それがニュースで取り上げられたことがきっかけでビジネスが厳しくなったようです。

 

だから返済しなくても良い訳ではありませんが、そういった背景ではあるそうです。

 

キャッシングするためには審査が必要

キャッシングを利用するためには審査に通らなければなりません。

収入や借入金の有無、それから勤務状況などが調べられます。この審査は早い場合で半時間くらいで済みますが、在籍していることを確認してから使用することが可能となるので、気を付けてちょうだい。急に結構な額のお金が必要とされるケースがあるのですが、そんな場合は即日でキャッシングできるサービスが好都合です。

最近の噂では年末は飲み会やお歳暮、さらにお年玉などというものがあり、いくらお金を持っていても足りなかった、という出来事があります。
そういう場合にこそキャッシングの出番で非常に助かった思いがしました。やや前まではキャッシングを利用する時に1万円からという設定の会社がほぼ全てでした。しかしこのところでは千円毎に申し込みが可能な会社も増加してもし一回目の借り入れ金額が1万円であったにせよATMから出金する時には千円単位を承認している会社もあります。キャッシングとは短期の小口融資であることに対し、カードローンとは長期の大型融資というところが相違点です。そのため、キャッシングは基本的には翌月一括での返済ですが、カードローンは長期リボ払いでの返済となります。


ですので、金利は一般的にカードローンの方がどうしても高くなってしまいます。

キャッシング業者は全国のあらゆるところにあり、CMや看板などを見て知っている方も多いでしょう。

でも、実際にキャッシングを利用した経験がない人にとっては、金利や計算方法など不安でしかたないものです。キャッシング業者のホームページを見る限りでは、簡易審査で自分は借り入れが可能かどうかやお金を返す際のシュミレーションなどをすることが可能なので便利です。